2008年05月01日

Murder On The Orient Express

オリエント急行の殺人

一つ前のblog(というか2006年11月9日のblogなので丸二年前なんだけど)で読んでみたいと書いていた作品。
今回、読む機会が訪れた。

というか、あらすじは有名すぎて、しかも犯人もわかっているのだから読みにくいというかなんというか。
映画化されていたり、話題になっていたりすると、どうしても気になるものだけれど、今回読んでみて感想をば。

犯人を知らないまま読み進めるのではなく、ネタバレしてるだけに普段の推理小説を読む感覚とは少し違った感じだった。

クリスティの小説って、古き英国の匂いとか、外国のセレブな感じを非常に醸し出してくれるところがいい。
オリエント急行という舞台立ては、非常にお洒落でセレブな感じ。
映画化やテレビ放送で見ると、豪華で素晴らしい。
一度でいいからオリエント急行に乗ってみたいなと思わせる。

問題の小説の筋だけれど、一つ前のblogに書いた『そして誰もいなくなった』と同じ問題点が気になる。
どうも、後付っぽい感じが否めない。
犯人を特定していくときに役割分担を想像しながら、ポアロがしゃべっているのがどうも解せない。

推理小説は読み手に証拠やら犯人像やらを、まず見せて(ほのかに隠しつつ)そこから導き出していくものが多いけど、クリスティは犯人だとポアロが推理していく中で新事実っぽいことを掘り出していくから、「そんなのないよぉ」的なげんなり感がある。

今回もそういう部分はやっぱりあった。
ちょっと悔しいかな。


実はアガサクリスティの分本シリーズを注文している。
書店の店頭で見て、久しぶりにハードカバーの本を買って読みたくなったということと、隔週本だからそれなりに楽しめるかなと。
また形がそろった本というのは、本棚にもお洒落だし(?)飾りにもなるし。

元々文庫で持っている本もたくさん交じってくるだろうけど、実家には文庫、婚家にはハードカバーという形でかぶらないようにすれば言い訳だしなどと思う。

ちなみに第二回が『誰もいなくなった』なのだ(苦笑)。
これは読まないで飾りかな。
いや、やはりハードカバーでもう一度読んでみるか。


【関連する記事】
posted by peridot at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。